ニュース&インタビュー

プロダクト、サービスを実際使ってみる

当社がカバーしている、人材ビジネス、HRTech、EdTech、またSaaS型のクラウドサービスなどの領域へは多種多様な企業が参入してきており、弊社にご相談に来られる方も「どういう観点で、選んでいけばいいのか、分からない。」、「良し悪しが分からない。」とおっしゃられることがままあります。

その際にアドバイス差し上げているもののひとつとして、「サービスを利用してみる」ことを推奨しています。

とはいえ、法人向けのto B事業ですと、そう簡単に利用することは叶わず、

  • サービス紹介ページ(機能説明、導入事例、価格など)を見に行く
  • デモ(動画での紹介)等が掲載されていればそれを見る
  • プロダクト名でググり、リリース記事やカンファレンス登壇事例、社内ブログ、インタビュー等を探してみる
  • 評判を直接的に利用されている方に聞くことができれば聞く
  • オープンワーク等の口コミサイトで中の人のコメントを見る

などの方法を通して、理解を深める形となるのですが、

個人向けのto C事業を展開している先ですと、

  • 会員登録をして、利用してみる
  • アプリをダウンロードし、実際に使ってみる
  • 運営しているスクール、セミナー等に足を運んでみる

ことで、

  • サービスクオリティ(サイト掲載情報、UIなど)
  • 同業との比較、差別化

を感じ取ることができます。

自社のサービス、プロダクトに惚れ込むことは、実際に中に入ってからも仕事の熱量を保ったり、より改善、改良を重ねながら、顧客満足を高め、同時にサービスをスケールしていくためにも大切かと思いますので、そう思えるかを確かめるために有用な手段だと思います。

また、現状のプロダクトの状況と同時に重要性が高い、サービス改善、機能拡張のスピード感などは、1ヶ月、3ヶ月、半年と定点観測をしていなければなかなか把握出来ませんので、そのあたりは遠慮なく聞いて頂ければ、分かる範囲内で当方よりご共有いたします。(※XX社のプロダクトは改善速度、機能拡張のスピードが早い等)

気になる会社/事業がありましたら、プロダクト/サービスを使ってみたり、触れてみてください。
求人票ではうかがい知れないリアルな姿がそこにあると思います。

サービス
Service

お問い合わせ
Contact

個人のお客様向けお問い合わせ
法人のお客様向けお問い合わせ