ニュース&インタビュー

【EdTech/リクルートマーケティングパートナーズ】『スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース 』を7月29日より提供開始

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:柏村 美生)が提供するオンライン英語学習サービス『スタディサプリENGLISH』は、2019年7月29日より、ビジネスパーソン向けに『スタディサプリ ENGLISHビジネス英語コース』を開始しました。

■楽しく効率的に、実践的なビジネス英語が学習可能
 『スタディサプリ ENGLISH』は、挫折の多い英語学習において、90%以上の学習継続率を実現しているアプリシリーズです。通勤時間などに効率的な英語学習ができ、多忙なビジネスパーソンを中心に支持されています。正解すると音が鳴る・バッジが貯まるなどのゲーム要素により楽しい学習を叶えます。また、学習時間・継続日数の記録などでモチベーション維持をサポートし、学習の習慣化を後押しします。
この度、多くのユーザーからのリクエストを受け、実践的なビジネス英語に特化した 『スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース』(月額2,980円/税抜)が誕生しました。
商品ページURL:https://eigosapuri.jp/conversation/business/ 
<概要>月額2,980円(税抜) ・6ヶ月パック16,680円(税抜)・12ヶ月パック29,760円(税抜)/iOS、Android、PC対応

■スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースの特徴
①ビジネスドラマの主人公になった気分で、実践的なフレーズを体得
 本サービスの中核となるストーリーのシナリオは、大ヒットドラマ『下町ロケット』などを手掛けた脚本家 稲葉 一広氏が担当。新規事業の立ち上げや事業のグローバル展開など、リアリティ溢れる内容となっており、中学英語レベルからTOEIC®︎900点台まで対応しています。
ドラマの主人公になった気分で楽しく学習に取り組みながら、会議・プレゼンテーション・交渉や、部下の育成・同僚との雑談まで、実際のビジネスシーンですぐに活用できるフレーズを体得できます。

②ネイティブ講師の1分講義でつまずき解消
 元大手英会話スクールの実力派ネイティブ講師が、動画で1回1分のワンポイントアドバイスをします。内容は日本人がつまずきやすいポイントに特化。異文化コミュニケーション・ビジネススキル・英語学習法など、多角的にビジネス英語に精通した講師ならではの講義です。

③隙間時間で本格的なトレーニング

 1回3分から学習可能なコンテンツが充実しており、「アウトプットトレーニング」までを提供します。英会話能力を楽しく確実に身につけるため、シャドーイングやディクテーション、瞬間発話プラクティスなど、充実したトレーニング機能を実装しています。 

④QQ Englishと提携、英会話レッスンが可能に
 今回、オンライン英会話のQQ English社と提携しました。アプリで自学自習したのちに、自習内容に基づいたインタラクティブコミュニケーションを練習するという、効果的なサイクルでの学習が可能です。また、講師からフィードバックを受けることで、一層実践的な英語力が身についていきます。
※QQ Englishサービスは別料金です。

詳しくはこちら

サービス
Service

お問い合わせ
Contact

個人のお客様向けお問い合わせ
法人のお客様向けお問い合わせ