人材ビジネスガイド

Original

人材紹介業界内で同業他社から採用/入社/転職する際に確認、認識したいこと

はじめに

他業界もそうですが、人材紹介業界も(若手を除き)同業他社に移る方が比較的多いです。一見同じ仕事ですが、所属先の人材紹介会社毎に当然ルールが変わるため、思うようなパフォーマンスが出せず、また新天地での仕事の進め方に馴染めず、早期にお辞めになってしまう方もいます。そのような残念な結果を生み出さないために、また、成果を残し、企業も、転身されたキャリアコンサルタント(CA/RA/両面型)の方も共にハッピーになれるようになるには、釈迦に説法で恐縮ではございますが、下記をご確認頂くのが大切ではないかと勝手ながら思っております。

■採用する側の確認事項

  1. 人材紹介業の経験年数やこれまでの売上や達成率で合否を安易に判断しない
  2. 動き方が異なる同業の場合、そのやり方を捨てて、一から出来る(柔軟性のある)方か否か
  3. 社風などのカルチャーフィットと人材紹介業を行う上での倫理観、使命感の有無

「ここで3年経験があるから、まぁ早期に結果を出してくれるだろう。」、「●●社で常にQ目標を達成しているから、ウチでも数字作れるだろう。」というように期待したくなる気持ちは分かります。ですが、担当顧客や動き方が変わると上手く立ち上がれないケースもあります。顧客である企業各社様に日頃選考をする上で、RAの方、両面対応のキャリアコンサルタントの方はアドバイスをされている点だと思うのですが、

  • どうして成果を残せているのか、日々の行動の工夫やプロセスについてヒアリングをすることで、再現性の有無を確かめる
  • 現職ではあるが、当社ではないルールがあり、失うことで影響があるものはないかを確かめる

→例えば候補者集客業務は別担当がいて、面談が自動的に組まれる形となっているため、スカウト力が現職ではいらない。またリサーチャーがチームに1人ついており、そのリサーチャーの力がチームのパフォーマンスに大きな影響を与えている等

  • 人材紹介業に対するスタンス(事業に対する想い、倫理観、使命感)が異なる

→数字上げてくれる(可能性のある)キャリアコンサルタントは採用したい、というのはもちろん経営者、マネジメント層の気持ちとして分かるのですが、自社、自分のチームが大切にしていることに対する共感や理解があり、一緒に想いをひとつにしてチームで仕事を進められる方を採用しなければ、周囲への悪影響に繋がりかねません。自社が関係性を深められていない顧客と親密だったり、当該領域への幅広いネットワークをお持ちの方などの場合、採用したい気持ちが湧くかと思いますが、懸念事項は入社後、当たる可能性もございます。小規模組織の入退社は周囲への影響が大きくなりますので、ぜひ冷静に判断をされることを願います。

■応募する側の確認事項

  1. 表面上の情報だけで判断をしない(就業形態、報酬、担当領域)
  2. 現職にない利点が逆にデメリットになり得る理解、覚悟
  3. やはりカルチャーフィット、理念共感は大切

「長時間就業体質があり、それを変えたい。」、「評価、インセンティブ制度に納得感がない。」、「数より質を追求したい。」など、様々な退職検討理由を伺っておりますが、

  • 解決できる一方で、逆に不満と感じるような要素が転職先にある可能性がある。改善したい!と思うものがある一方で、覚悟が必要なことは新しい環境ではあることを認識すること。それらを選考過程で把握、理解すること。
  • 具体的には、1人で動くスタイルは自由度がある一方で、自身の力が如実に出てしまうこと。個人側はシェアをするため、対法人との関係構築力(TOPや事業責任者)と魅力的なポジションを獲得することの力量が問われる。
  • 個人情報の観点から持ち帰り厳禁がルールとしてあるので、限られた就業時間内で様々な業務をこなす必要がある。​​​​​​​
  • システムが前職比で脆弱で、集客業務も100%自力のため、対応人数が減ったにも関わらず、顧客に向き合える時間がむしろ減ってしまった。
  • 就業環境とインセンティブ体系が魅力で入ったが、チームワークが想像以上になく、そういう雰囲気での就業を欲していることに転職して気が付いた。

などということに、転職してから気付いてしまう...、ということもございます。

おわりに

自身で動く方もいらっしゃいますし、昨今リファーラル(社員紹介)で前職の同僚からの誘いで転職したという方もいらっしゃいますが、双方のミスマッチを防ぐために、当社のような各社の情報を知り、候補者の不明点はクリアにする動きを取って、認識違いがないよう努めておりますので、ぜひ業界内の方もお気軽にご相談下さいませ。

■ 他の参考記事
(1)人材紹介会社の仕事(RAとCAについて)
(2)人材紹介会社で上場している企業一覧(※人材紹介業を営む企業を含む、時価総額ランキング)

■ キャリア相談はこちらから
■ 採用のご相談はこちらから

サービス
Service

お問い合わせ
Contact

個人のお客様向けお問い合わせ
法人のお客様向けお問い合わせ