M&A業界の転職 | 参考書籍

M&A業界の転職(M&A業界未経験者向けの参考書籍)



1.まんがでわかる オーナー社長のM&A(すばる舎)

■書籍名:まんがでわかる オーナー社長のM&A
■著者:大山敬義 著
■出版年月日:2017年02月25日刊

中堅・中小企業の事業承継M&Aをマンガ形式で理解できる書籍で、非常に読みやすく、且つM&Aの一連の流れや業務の理解も出来るものとなっており、M&A業界未経験者に適した書籍だと思います。成長戦略でのM&A、IT業界のM&Aなどですと、学生起業家が社長を務める企業、20代、30代が経営者である企業ももちろんございますが、事業承継M&Aで多いケースは、地方×60代、70代のオーナー経営者様と向き合うことが多く、こちらをM&A仲介の世界に入る場合は(配属先にも依りますが)イメージされると良いかと思います。
なお、本書籍の著者は、日本M&Aセンターの創業メンバーであり、現在は株式会社バトンズ 代表取締役社長 兼 CEOを務める大山敬義氏のため、実務の細かなところまで抑えられている内容となっております。


2.週刊東洋経済 2020年9月12日号「トクする事業承継M&A」

■雑誌名:週刊東洋経済 2020年9月12日号「トクする事業承継M&A 後継者選び、待ったなし!」
■発売年月日:2020年9月12日発行

承継のパターンの解説、また具体例、そして、事業承継M&Aのマーケットについて解説されており、この特集記事ですべてが網羅されているわけでも、細部の説明が書かれているわけでもありませんが、大枠の理解に役立つと思います。kindleでの購入や大型書店ですとバックナンバー購入が可能かと思います。


3.よくわかる中堅中小企業のM&A活用法(日本経済新聞出版)

■書籍名:よくわかる中堅中小企業のM&A活用法
■監修:山田ビジネスコンサルティング
■出版年月日:2016年06月22日

中堅・中小企業のオーナー経営者向けに、事業承継について、その中の選択肢のひとつである、事業承継M&Aについて詳しく解説されている書籍(ムック本)で、M&A仲介の世界に入ることを検討している転職希望者の方にも有益ではないかと思います。譲渡企業様(売り手企業様)を担当するM&Aコンサルタントの場合、自社提供ソリューション、サービス以外の選択肢も当然お客様は検討される訳で、その他の選択肢のメリット・デメリットも理解しておくことはとても大切ですし、それらの理解がお客様の信頼構築にも繋がります。

当社は、M&A領域のキャリア支援を積極的に行っております。
今すぐの転職検討の方は、下記【転職相談フォーム】より、可能性を探りたいという段階の方は、【合格可能性診断フォーム】よりお気軽にコンタクトくださいませ。