M&A業界・M&A業務理解におすすめの本・書籍一覧 | M&A転職

【M&A本・M&A書籍 | 74冊】M&A業界・M&A実務理解のためのおすすめ本・書籍一覧(2022年1月更新)

はじめに

こちらでは、M&A実務未経験、M&A実務経験者双方の方を対象に、M&A実務理解に役立つ本・書籍をまとめてみました。

当社は、M&A業界、M&A仲介会社、M&Aアドバイザリー会社の転職エージェントとして、個人の方のM&A業界への転職支援、M&A業界の各企業様の中途採用支援を行っておりますので、主に、M&A業界へ転職を考える方、既に従事されている方を想定しておりますが、入社前の事前学習のため、また、入社後のM&Aコンサルタントの実務にも下記に紹介する書籍は活かせると思います。

また、M&A担当の任に就いたばかりの方やM&A業界の中途採用人事担当者様などにも、ご活用頂けましたら幸いです。

【1】M&A 未経験者向け

【2】M&A専業会社、M&Aアドバイザリーの実務

【3】売り手側

【4】買い手側

【5】PMI

【6】海外M&A(クロスボーダーM&A)

【7】M&A実務者向け

法務

各種デューデリジェンス

バリュエーション

中堅・中小企業向け(M&A実務)

【8】業界別M&A

【9】PEファンド

【1】M&A 未経験者向け


日本のM&Aの歴史と未来

■本/書籍名:日本のM&Aの歴史と未来
■著者:一般社団法人 金融財政事情研究会 (著, 編集)
■出版社:きんざい
■出版年月日:2021/11/12

■目次
序  M&Aは日本の未来を明るくする重要な手段…
日本M&Aセンターホールディングス 代表取締役社長 三宅 卓

第1章 日本におけるM&Aの現状と課題…
中小企業庁 事業環境部 財務課長 日原正視

第2章 M&Aアドバイザー先駆者の苦闘…
野村企業情報 初代社長 後藤光男の思い

第3章 座談会「日本のM&Aの現状と未来」…
GCA 創業者 渡辺章博
M&Aキャピタルパートナーズ 代表取締役社長 中村 悟
ストライク 代表取締役社長 荒井邦彦
〈モデレーター〉日本M&Aセンターホールディングス 代表取締役社長 三宅 卓

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


まんがでわかる オーナー社長のM&A

■本/書籍名:まんがでわかる オーナー社長のM&A
■著者:大山敬義 著(株式会社バトンズ 代表取締役社長 兼 CEO)
■出版社:すばる舎
■出版年月日:2017年02月25日

中堅・中小企業の事業承継M&Aをマンガ形式(マンガ+解説)で理解できる書籍で、非常に読みやすく、且つM&Aの一連の流れや業務の理解、M&Aのメリット理解([個人連帯保証]と[株式の相続]の2つを解決できる、等)も出来るものとなっており、M&A業界未経験者に適した書籍だと思います。

理解しやすいように、M&Aを結婚に例えて解説するなど、全くの未経験者が理解をしやすい形になっています。
(※お見合い候補を探すための自身のプロフィール資料をまとめる(企業概要書作成)、お見合い(トップ面談実施)、婚約(基本合意契約)など)

成長戦略型M&A、IT業界・テクノロジー領域のM&Aなどですと、学生起業家が社長を務める企業、20代、30代が経営者である企業ももちろんございますが、事業承継M&Aで多いケースは、地方×60代、70代のオーナー経営者様と向き合うことが多く、こちらをM&A仲介の世界に入る場合は(配属先にも依りますが)イメージされると良いかと思います。

この本の登場人物のひとりに「M&Aコンサルタントの井上さん」がおり、井上さんを通して、事業承継M&Aのコンサルタントの役割が理解出来るようになっています。(※初回訪問時の事前準備(業界理解・企業理解・製品理解)の大切さ、どのような先であれば、シナジー効果を期待できるかを考える力、マッチング力等、各フェーズ毎に必要な準備について指南・アドバイス、時に両社間に立って調整、サポートする伴走者としての役割等)

また、オーナー経営者様が当初、事業承継M&Aに前向きではない(こともある)様子、トップ面談での互いの相性の重要性、買収監査過程での売り手側への負担、終盤にオーナー経営者様に起きる不安や迷いなど、リアルな姿を反映しているのではないかと思います。

尚、本書籍の著者は、日本M&Aセンターの創業メンバーであり、現在は株式会社バトンズ 代表取締役社長 兼 CEOを務める大山敬義氏のため、実務の細かなところまで抑えられている内容となっております。

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


まんがでわかる 実録!中小企業のM&A

■本/書籍名:まんがでわかる 実録!中小企業のM&A
■著者:篠田 康人 著(名南M&A株式会社 代表取締役)
■出版社:幻冬舎
■出版年月日:2020/12/21

M&Aを検討する中小企業のオーナー経営者様を読者対象に、M&Aの事例をまんがと解説で7例まとめた書籍です。

第1話 一からM&Aに向き合った事例
第2話 M&Aが決まらないまま社長が急逝した事例
第3話 息子に無理に継がせた事例
第4話 M&Aの条件にこだわりすぎてしまった事例
第5話 株主の反対にあった事例
第6話 事業承継ファンドを活用した事例
第7話 5年かけて事業承継の準備を進めた事例

それぞれの事例・エピソードに、名南M&Aのアドバイザーが登場し、話が進められますので、M&Aの様々なケース理解、一連の流れの理解と共に、M&Aコンサルタント、M&Aアドバイザーの業務理解につながるかと思います。

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本

■本/書籍名:M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本
■著者:中村 悟著(M&Aキャピタルパートナーズ代表取締役社長)
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2019/12/21

事業承継M&Aを選択した中小企業オーナーの10の事例を集めた一冊です。

導入部の第1章で人口推計や中小企業の経営者年齢分布、またM&Aを検討する理由などを紹介した後に、メインである第2章で、オーナー経営者の10の事業承継M&Aの事例が紹介されています。非常に丁寧にまとまっており、M&A業界研究初心者の方にも読みやすい内容、書かれ方だと思います。

最後の3章では、M&Aキャピタルパートナーズ代表取締役社長である中村氏が斎藤隆氏との対談形式で、中小企業のM&Aについて、中村氏の生い立ちや創業の背景、創業時の苦労について、また、オーナー経営者様とのエピソードについて語ってらっしゃいます。

第1章 中小企業経営者を取り巻く環境を知る ~中小企業のM&Aはこれから増え続ける~
第2章 M&Aを決断したオーナーの本音を知る
第3章 M&A仲介の現場を知る

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


週刊東洋経済 2020年9月12日号「トクする事業承継M&A」

■雑誌名:週刊東洋経済 2020年9月12日号「トクする事業承継M&A 後継者選び、待ったなし!」
■発売年月日:2020年9月12日発行

承継のパターンの解説、また具体例、そして、事業承継M&Aのマーケットについて解説されており、この特集記事ですべてが網羅されているわけでも、細部の説明が書かれているわけでもありませんが、大枠の理解に役立つと思います。

■特集ページ:34p~77p
Prologue ファンケル/CoCo壱番屋 オーナー経営者の決断
Part1 コロナ禍で加速する事業承継
Part2 お得な会社の引き継ぎ方
Part3 加熱する承継ビジネス
Epilogue 国も全力で後押し 事業承継加速の重要な「カギ」

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A入門 2022年版

■本/書籍名:M&A入門 2022年版
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2021/9/27

■目次:
Part1 国内M&Aの最近の動向
Part2 M&Aを支援する専門家とその役割
Part3 M&Aのプロセスを知る
Part4 業種別にみるM&Aのポイント
Part5 M&A、事業承継に関する税制・補助など
付録1 事業引継ぎの相談先ガイド
付録2 そのほかに役立つサイト
付録3 事業承継とM&Aに関わる用語集

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


よくわかる中堅中小企業のM&A活用法

■本/書籍名:よくわかる中堅中小企業のM&A活用法
■監修:山田ビジネスコンサルティング
■出版社:日本経済新聞出版
■出版年月日:2016年06月22日

中堅・中小企業のオーナー経営者向けに、事業承継について、その中の選択肢のひとつである、事業承継M&Aについて詳しく解説されている書籍(ムック本)で、M&A仲介の世界に入ることを検討している転職希望者の方にも有益ではないかと思います。

譲渡企業様(売り手企業様)を担当するM&Aコンサルタントの場合、自社提供ソリューション、サービス以外の選択肢も当然お客様は検討される訳で、その他の選択肢のメリット・デメリットも理解しておくことはとても大切ですし、それらの理解がお客様の信頼構築にも繋がります。

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aがわかる

■本/書籍名:M&Aがわかる
■著者:知野 雅彦(KPMGジャパン ディールアドバイザリー統括パートナー)、岡田 光(KPMG FAS取締役パートナー)
■出版社:日経BP
■出版年月日:2018/6/15

■目次
第1章 経営戦略とM&A
第2章 M&Aの類型
第3章 M&Aのプロセス
第4章 M&Aストラクチャリング
第5章 企業再生とM&A
第6章 クロスボーダーM&A

「これからM&Aを学ぼうとするすべての方々に適した入門書」と書かれておりますが、全くのM&A初心者には、一読しただけで理解するのは少し難しい書籍ではあります。

一定程度理解がある方でしたら、こちらを一冊目にしても、と思いますが、M&A初心者の方には、上記にご案内しました、まんが、ムック本等で、大枠理解をした上で、他にご案内の書籍と並行して読まれても、と思います。

また全体を網羅している本ではありますので、知りたい箇所だけ読むという方法でも良いかと思います。新書ですので、軽量で持ち運びも便利ですが、目次の切り分けが細かいため、Kindleでの読書がより適しているかと思います。

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


図解でわかるM&A入門

■本/書籍名:図解でわかるM&A入門
■著者:桂木 麻也
■出版社:翔泳社
■出版年月日:2020/9/7

■目次
第1章 時代の文脈とM&A
第2章 M&Aにおける登場人物
第3章 M&Aのプロセスとアドバイザーの役割
第4章 M&Aが失敗する理由
第5章 M&A勝利の方程式
第6章 ファンドという存在
第7章 「次世代ビジネス」と日本企業のM&A

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A年鑑2021

■本/書籍名:M&A年鑑2021
■著者:ダイヤモンド社, M&A Online編集部
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2021/1/29

■目次
2020年、日本のM&Aを振り返る
M&A Online 編集長 黒岡博明

データで総括する2020年のM&A
・2020年M&A金額上位50傑
・件数と金額の推移
・金額100億円を超える取引の件数
・海外M&Aの推移と国・地域別内訳
・上場企業による子会社・事業の売却の推移
・スキーム別で見る件数の推移
・業種別で見る件数の推移
・都道府県別に見る件数の推移
・TOB(株式公開買い付け)の推移
・2020年のTOBを総括する
・日本企業がかかわるM&A・TOBの金額 歴代トップ10
・アクティビストによる重要提案行為の提出件数

INTERVIEW(1) 2020-21のM&A 私は、こう見る
早稲田大学大学院 経営管理研究科 客員教授 服部暢達氏

INTERVIEW(2) 2020-21のM&A 私は、こう見る
中小企業庁 次長 奈須野太氏

M&A主要業界動向2020
製造/IT・ソフトウエア/小売/調剤薬局・ドラッグストア/外食・フードサービス/人材サービス

よりよく理解するためのM&A用語解説(1)(2)

関連制度の動きと主な出来事を年表で振り返る
日本のM&Aの変遷

(全網羅)2020年・日本の上場企業M&Aデータ

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【2】M&A専業会社、M&Aアドバイザリーの実務


M&Aコンサルティングの実務<第2版>

■本/書籍名:M&Aコンサルティングの実務<第2版>
■著者:佐武 伸(かえでファイナンシャルアドバイザー株式会社 代表取締役、かえで監査法人・かえで税理士法人代表社員)
■出版社:中央経済社
■出版年月日: 2020/6/11

M&Aコンサルタントとして働き始めたばかりの方やM&A仲介会社への転職が決まり、入社前の事前学習(業界・実務理解のため)に大変適した書籍です。書式サンプルも豊富に収録されており、現場実務や業務理解に大いに役立つものだと思います。

■目次:
第一章 M&Aコンサルタントの具体的な業務内容
第二章 M&Aコンサルタント業の立ち上げ方とその経営方法
第三章 M&Aコンサルタントに必要な基本知識
第四章、第五章 M&Aコンサルティング業務の具体的な実務手続き
第六章 事業再生とM&Aビジネス
第七章 グループ再編とM&Aビジネス

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


Q&Aで理解する 中堅・中小企業向けM&A実務の基礎

■本/書籍名:Q&Aで理解する 中堅・中小企業向けM&A実務の基礎
■著者:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 コーポレートアドバイザリー部
■出版社:きんざい
■出版年月日: 2018/10/9

タイトルの通り、Q&A形式で、M&Aの実務についての解説をしている書籍となります。中堅・中小企業の経営者、M&A実務担当者を読者ターゲットとしており、一連の流れに沿って、M&Aの全容、実務が理解できるようになっています。

■目次:
1:M&Aの実施に向けた準備
2:M&Aの実行
3:Valuation
4:案件の種類
5:PMI
別紙:書式サンプル(案件概要書、秘密保持契約書、基本合意書、株式譲渡契約など)

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aアドバイザー 企業買収と事業承継の舞台裏

■本/書籍名:M&Aアドバイザー 企業買収と事業承継の舞台裏
■著者:山本貴之((株)価値総合研究所代表取締役社長)
■出版社:エネルギーフォーラム
■出版年月日: 2017/12/27

■目次:
第一章 プロローグ
第二章 戦略を立てる
第三章 戦略を検証する
第四章 戦略を進める
第五章 交渉する
第六章 困難と向き合う
第七章 決断する
第八章 達成までやり抜く
第九章 エピローグ

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A仲介会社の社長が明かす 中小企業M&Aの真実 決定版

■本/書籍名:M&A仲介会社の社長が明かす 中小企業M&Aの真実 決定版
■著者:藤井 一郎(インテグループ株式会社 代表取締役社長)
■出版社:東洋経済新報社
■出版年月日: 2021/5/28

■目次:
第1章 中小企業M&A市場の真実
第2章 売り手の真実(売却する5つの理由と売り手が知っておくべきこと)
第3章 買い手の真実(7つの買収理由と6つの買収戦略)
第4章 ファンドの真実(ファンドの仕組みとファンドを活用するメリット・デメリット)
第4章 仲介会社の真実(業界の裏事情と自社にあった仲介会社の見つけ方)

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


ゴールドマン・サックスM&A戦記

■本/書籍名:ゴールドマン・サックスM&A戦記
■著者:服部 暢達(早稲田大学大学院経営管理研究科客員教授、慶応義塾大学大学院経営管理研究科客員教授。服部暢達事務所代表。)
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2018/4/19

■目次:
第1章 ゴールドマン・サックス・ニューヨーク本社
第2章 ゴールドマン・サックス 東京支店
第3章 日本の超大型M&A時代 その1
第4章 日本の超大型M&A時代 その2
第5章 ゴールドマン・サックスの14年半を振り返る
第6章 自立のススメ

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【3】売り手側


会社売却とバイアウト実務の全て

■本/書籍名:会社売却とバイアウト実務の全て
■著者:宮﨑 淳平(株式会社ブルームキャピタル 代表取締役社長)
■出版社:日本実業出版社
■出版年月日:2018/10/12

■目次:
第一部 M&Aによる会社売却の実際
第二部 物語で学ぶあるオーナー経営者の会社売却
第三部 売却プロセスと売却戦略
第四部 プロジェクションと企業価値評価
第五部 売却実務上のその他のポイント

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


小さな会社のM&A あなたの会社は高く売れます

■本/書籍名:小さな会社のM&A あなたの会社は高く売れます
■著者:岡本 行生
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日: 2019/6/19

■目次:
第一章 あなたの会社を食い物にする悪徳業者にだまされるな!
第二章 売上ゼロ、債務超過、破産寸前、こんな会社でも売れる!12の事例
第三章 あなたの会社の「強み」をあぶり出す 小さくても高く売れる重要ポイント
第四章 売り急いではいけない!自社の価値を高める「磨き上げ」
第五章 チャンスは一度しかない!失敗しないM&Aのロードマップ

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【4】買い手側


企業買収の実務プロセス〈第3版〉

■本/書籍名:企業買収の実務プロセス〈第3版〉
■著者:木俣貴光
■出版社:中央経済社
■出版年月日: 2021/6/23

■目次:
序章 M&Aの進め方
第一章 買収戦略の立案
第二章 ターゲット企業の選定と評価
第三章 フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定
第四章 ターゲット企業へのアプローチと初期分析
第五章 企業価値算定(バリエーション)
第六章 買収スキームの検討
第七章 交渉
第八章 基本合意
第九章 デューデリジェンス(DD)
第十章 最終契約
第十一章 クロージング
第十二章 統合準備
第十三章 経営統合

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


企業買収

■本/書籍名:企業買収
■著者:木俣貴光
■出版社:中央経済社
■出版年月日: 2012/2/21

■目次:
第1章 買収候補を探せ
第2章 プロジェクト始動
第3章 企業の価値とは
第4章 非常事態発生
第5章 粉飾の発覚
第6章 タイム・イズ・ザ・エナミー
第7章 見えてきたゴール
第8章 ポスト・ディールへの準備
第9章 クロージング

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


ストーリーでわかる初めてのM&A

■本/書籍名:ストーリーでわかる初めてのM&A 会社、法務、財務はどう動くか
■著者:横張清威
■出版社:日本加除出版
■出版年月日: 2019/12/20

M&Aの現場のリアルな姿をストーリー(+解説)で理解できる形式の書籍で、M&A未経験の方が、流れを理解するのに適した書籍です。
尚、こちらは買い手側(譲り受け・買収側)目線で、何をするか、何が起きるかを理解できるものとなっております。

■目次:Scene26までありますが、長文になるため、Scene10まで記載いたします。
Scene1 M&A担当
Scene2 秘密保持契約(NDA)
Scene3 事前交渉
Scene4 基本合意書締結
Scene5 DDの依頼
Scene6 キックオフミーティング
Scene7 スケジュール調整
Scene8 依頼資料リスト
Scene9 チェックリスト作成
Scene10 現地調査

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A戦略の立案プロセス

■本/書籍名:M&A戦略の立案プロセス
■著者:木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2019/5/29

帯コメント
豊富な実例とともに、戦略立案のフレームワークを示す
経営戦略からM&A戦略への落とし込み方法とポイントを解説。
国内外の実例を15の類型に当てはめながら分析。

■目次:
第1章 M&A戦略とは
事例1 ファーストリテイリング
事例2 ブリヂストン
事例3 アーク

第2章 M&A戦略の前提となる経営戦略概論
第3章 経営戦略からM&A戦略への落とし込み
事例4 アイリスオーヤマ

第4章 M&Aマネジメントルール
事例5 ダナハー

第5章 市場浸透型M&A戦略
事例6 JXTGホールディングス
事例7 王子製紙、日本製紙
事例8 ゴルフ場業界
事例9 第一交通産業
事例10 調剤薬局業界

第6章 製品開発型M&A戦略
事例11 日本電産
事例12 ソフトバンク
事例13 富士フイルムホールディングス
事例14 アステラス製薬
事例15 LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン
事例16 ネスレ

第7章 市場開拓型M&A戦略
事例17 アークス(食品スーパー)
事例18 日本たばこ産業(JT)
事例19 ダイキン工業
事例20 リクルートホールディングス
事例21 日立物流
事例22 ドン・キホーテ

第8章 垂直統合型M&A戦略
事例23 エスフーズ
事例24 神明ホールディング

第9章 多角化型M&A戦略
事例25 アルコニックス
事例26 日清紡ホールディングス
事例27 エア・ウォーター
事例28 RIZAPグループ
事例29 楽天
事例30 ヨシムラ・フード・ホールディングス
事例31 トヨタ自動車
事例32 ソフトバンクグループ

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


買い手の視点からみた 中小企業M&AマニュアルQ&A(第2版)

■本/書籍名:買い手の視点からみた 中小企業M&AマニュアルQ&A(第2版)
■著者:日本M&Aセンター法務室(横井 伸(編著) 辛嶋 如子(著) 下宮 麻子 鈴木 一俊 松岡 寛 齋藤 千恵)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2021/11/10

■目次:
第Ⅰ章 中小企業M&Aの実像 ~上場企業M&Aと似て非なる現実
第Ⅱ章 基本合意の前段階 事前検討
第Ⅲ章 基本合意
第Ⅳ章 買収監査
第Ⅴ章 最終契約
第Ⅵ章 クロージング後以後の手続き

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【5】PMI


企業買収後の統合プロセス

■本/書籍名:企業買収後の統合プロセス すらすら読めるPMI入門
■著者:菊池庸介
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2014/12/9

■目次:
序章 「買ってからどうするか」で買収の成否が決まる
第1章 M&A全体のプロセス
第2章 PMIフェーズごとのプロセス
第3章 経営のPMI
第4章 業務のPMI
第5章 意識のPMI
第6章 エリア別クロスボーダーPMI事例
第7章 ストーリーでわかるPMI

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


日本型PMIの方法論―中堅・中小企業を成長させるポストM&Aのプロセス

■本/書籍名:日本型PMIの方法論――中堅・中小企業を成長させるポストM&Aのプロセス
■著者:竹林 信幸(当時 日本CGパートナーズ取締役、現在 株式会社日本PMIコンサルティング 代表取締役)
■出版社:プレジデント社
■出版年月日:2019/3/1

■目次:
第1章 PMIの定義
- PMIとは何か
- PMIはどこまでやればいいのか
- PMIの専任者はいない
- 「日本型PMI」のコンセプト

第2章 いま求められるPMI
- 日本における中堅・中小企業の現状
- 売り手企業と買い手企業の関心領域の違い
- アメリカ企業におけるPMI
- いま日本で「売れている」PMIメニュー

第3章 PMIは「人」で決まる
- 「PMI巧者」の共通点
- PMIに必要な知識とスキル

第4章 「日本型PMI」を実践する
マインドセット編
- 「違い=問題」ではない
- 角を矯めて牛を殺す
- 企業文化の融合はPMIの必須要件なのか
- PMIとダイバーシティ

実践編
- 売り手企業の現状を把握する
- キーパーソンへのインタビュー
- 現状を表現するツール
- 取り組みテーマに優先順位をつける
- クイックヒット施策の重要性

第5章 PMIの準備
- ポストはプレ、プレはポスト
- PMIのためのデューデリジェンス
- PMIには予算が必要
- 思いを引き継ぐ「成約式」

第6章 PMIの事例と帳票
- シナジー創出の前段階で連結決算と内部統制を整備
- 経営管理についての課題にすぐ着手して仕組みを構築
- 引継ぎリストと業務フローで経営課題を見える化
- 的確な現状分析を実施することで適切な打ち手を検討

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aシナジーを実現するPMI

■本/書籍名:M&Aシナジーを実現するPMI
■著者:ウイリス・タワーズワトソン 編
・6名の執筆者
 要 慎吾(M&A 部門 リーダー、ディレクター)
 中村 健太郎(組織人事部門 シニアコンサルタント)
 森田 純夫(経営者報酬部門 リーダー ディレクター)
 堀之内 俊也(ベネフィット部門 シニアコンサルタント)
 松尾 梓司(組織人事部門 コンサルタント)
 片桐 一郎(組織人事部門 ディレクター)
■出版社:東洋経済新報社
■出版年月日:2016/5/27

■目次:
第1章 日本企業のPMIの実態と課題
第2章 PMIの全体像
第3章 ハード面(組織、人事諸制度)のPMI
第4章 ソフト面(企業・組織文化)のPMI
第5章 国内企業による事例紹介とケーススタディ
第6章 日本企業がM&AとPMIを成功させるためには何が必要か

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A失敗の本質

■本/書籍名:M&A失敗の本質
■著者:人見 健(NTTデータ経営研究所 M&Aグループリーダー)
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2021/3/2

■目次:
第1章 M&Aの「成功」と「失敗」
第2章 M&Aの「失敗」~7つの「悪しき種」
第3章 M&Aの「成功」はPMIの「成功」
第4章 「終わりの始まり」~明確な目的なきM&Aの行く末は
第5章 「あとは事業部に任せた」~PMIに関心の低い経営者
第6章 「うちのやり方が優れている」~失いがちな相手への尊重心
第7賞 日本企業の経営者の課題

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【6】海外M&A(クロスボーダーM&A)


日本一わかりやすい海外M&A入門

■本/書籍名:日本一わかりやすい海外M&A入門
■著者:杉山 仁
1972年一橋大学卒、旧三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。米英にて11年間勤務し、海外M&Aに従事。
2001年転出後、大手企業投資ファンドと上場事業会社で買収後経営と海外M&Aに携わる。
海外を含む投資先企業(15社)の会長や取締役を歴任し、海外M&Aに加え、内外の子会社経営や買収後リスク対応の経験が豊富。現在、M&Aリスクコンサルティング会社であるJPリサーチ&コンサルティングの顧問を務める。

■出版社:金融財政事情研究会
■出版年月日:2017/3/30

■目次:
第1章 日本企業による海外M&Aの現状
1. なぜ海外M&Aなのか
2. 日本企業による海外M&Aの成功率

第2章 海外M&A失敗の原因
1. 三つの失敗要因
2. 日本と海外の文明の違い
3. 失敗事例の隠蔽による対策ノウハウの不拡散
4. 海外M&Aについての基本知識の不足

第3章 海外M&Aの実際
1. 海外M&Aの流れと各ステップ
2. 社内検討と買収候補先選定
3. バックグラウンド・スクリーニング(背景調査)
4. ファイナンシャル・アドバイザー(FA)の選任
5. 買収価格の試算
6. アプローチとトップ会談
7. ストラクチャーと買収資金のファイナンス
8. 基本合意締結
9. デュー・ディリジェンス(買収前精査)実施
10. 買収価格の合意
11. 各種契約のドキュメンテーションからクロージングまで
12. 買収後経営とシナジーの実現

第4章 日本企業による海外M&Aの成功例
1. 日本たばこ産業(JT)による海外たばこ事業買収
2. ブリヂストンによるファイアストンの買収
3. 三菱銀行によるバンクオブカルフォルニア買収

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書

■本/書籍名:JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書
■著者:新貝 康司
■出版社:日経BP
■出版年月日:2015/6/19
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


ASEAN M&A時代の幕開け

■本/書籍名:ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く
■著者:日本M&Aセンター海外事業部
■出版社:日本経済新聞出版
■出版年月日:2020/12/10

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


新版 M&Aのグローバル実務〈第2版〉

■本/書籍名:新版 M&Aのグローバル実務〈第2版〉
■著者:渡辺章博(GCA株式会社 代表取締役)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2013/9/17

■目次:
第0章 企業価値向上のためのM&A勝利の方程式
第1章 企業買収における基本留意点
第2章 買収の基本合意
第3章 買収価格算定(valuation&pricing)
第4章 買収形態の検討
第5章 デューデリジェンスの意義
第6章 事業の概況調査
第7章 人的資源の調査
第8章 生産・販売活動の調査
第9章 財務諸表項目の調査
第10章 買収契約とクロージング
第11章 組織再編の形態と1株当たりの利益
第12章 株式公開企業のM&Aと取締役の責任
第13章 戦略的事業売却
第14章 M&A会計

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【7】M&A実務者向け

法務


M&Aの契約実務〈第2版〉

■本/書籍名:M&Aの契約実務〈第2版〉
■著者:大久保圭 (著), 大久保涼 (著), 宿利有紀子 (著), 笠原康弘 (著), 粟谷翔 (著), 藤原総一郎 (編集 長島・大野・常松法律事務所弁護士)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2018/9/7

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A契約――モデル条項と解説

■本/書籍名:M&A契約――モデル条項と解説
■著者:戸嶋浩二 (著), 内田修平 (著), 塩田尚也 (著), 松下憲 (著) 森・濱田松本法律事務所
■出版社:商事法務
■出版年月日:2018/2/26

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A法大全(上)〔全訂版〕

■本/書籍名:M&A法大全(上)〔全訂版〕
■著者:西村あさひ法律事務所
■出版社:商事法務
■出版年月日:2019/2/2

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A法大全(下)〔全訂版〕

■本/書籍名:M&A法大全(下)〔全訂版〕
■著者:西村あさひ法律事務所
■出版社:商事法務
■出版年月日:2019/2/2

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A法大系

■本/書籍名:M&A法大系
■著者:森・濱田松本法律事務所 (編集)
■出版社:有斐閣
■出版年月日:2015/12/22

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


変わるM&A

■本/書籍名:変わるM&A
■著者:森・濱田松本法律事務所
■出版社:日本経済新聞出版
■出版年月日:2018/9/26

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編

■本/書籍名:事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編
■著者:塩野 誠 (著), 宮下 和昌 (著)
■出版社:東洋経済新報社
■出版年月日:2018/3/30

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


資本業務提携ハンドブック

■本/書籍名:資本業務提携ハンドブック
■著者:戸嶋 浩二 (著), 熊谷 真和 (著), 伊藤 憲二 (著), 岡田 淳 (著), 酒井 真 (著), 金丸 祐子 (著), 園田 観希央 (著), 李 政潤 (著), 西尾 賢司 (著), 五島 隆文 (著), 森・濱田松本法律事務所
■出版社:商事法務
■出版年月日:2020/2/15
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


会社・株主間契約の理論と実務

■本/書籍名:会社・株主間契約の理論と実務
■著者:田中 亘 (編集), 森・濱田松本法律事務所 (編集)
■出版社:有斐閣
■出版年月日:2021/3/13
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


成功するアライアンス 戦略と実務

■本/書籍名:成功するアライアンス 戦略と実務
■著者:野本 遼平(グロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイト)
■出版社:日本実業出版社
■出版年月日:2020/2/14

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

各種デューデリジェンス


財務デューデリジェンスの実務〈第4版〉

■本/書籍名:財務デューデリジェンスの実務〈第4版〉
■著者:プライスウォーターハウスクーパース株式会社
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2014/8/28

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


事業デューデリジェンスの実務入門

■本/書籍名:事業デューデリジェンスの実務入門
■著者:寺嶋直史
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2015/7/9

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


業種別 法務デュー・ディリジェンス実務ハンドブック

■本/書籍名:業種別 法務デュー・ディリジェンス実務ハンドブック
■著者:宮下 央 (編集), 田中健太郎 (編集), 木宮瑞雄 (編集)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2018/9/22

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aを成功に導く 法務デューデリジェンスの実務

■本/書籍名:M&Aを成功に導く 法務デューデリジェンスの実務
■著者:長島・大野・常松法律事務所 (編集)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2014/3/26

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aを成功に導く ビジネスデューデリジェンスの実務(第4版)

■本/書籍名:M&Aを成功に導く ビジネスデューデリジェンスの実務(第4版)
■著者:PwCアドバイザリー合同会社
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2018/9/20

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aを成功に導く 税務デューデリジェンスの実務〈第3版〉

■本/書籍名:M&Aを成功に導く 税務デューデリジェンスの実務〈第3版〉
■著者:デロイト トーマツ税理士法人
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2016/7/23

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aを成功に導く 人事デューデリジェンスの実務(第3版)

■本/書籍名:M&Aを成功に導く 人事デューデリジェンスの実務(第3版)
■著者:マーサージャパン
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2019/9/21

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&Aにおける労働法務DDのポイント〔第2版〕

■本/書籍名:M&Aにおける労働法務DDのポイント〔第2版〕
■著者:東京弁護士会労働法制特別委員会企業集団/再編と労働法部会 (著)
■出版社:商事法務
■出版年月日:2020/9/3

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A 労務デューデリジェンス標準手順書

■本/書籍名:M&A 労務デューデリジェンス標準手順書
■著者:人事労務デューデリジェンス研究会 (著), 野中 健次 (編集)
■出版社:日本法令
■出版年月日:2019/1/18

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A 人事デューデリジェンス標準手順書

■本/書籍名:M&A 人事デューデリジェンス標準手順書
■著者:人事労務デューデリジェンス研究会 (著), 野中 健次 (編集)
■出版社:日本法令
■出版年月日:2019/1/18

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&A・組織再編の人事

■本/書籍名:M&A・組織再編の人事 トランスフォーメーションを達成するために
■著者:村中 靖+佐藤 しおり(デロイト トーマツ コンサルティング)
■出版社:日本経済新聞出版
■出版年月日:2021/8/26

■目次:
第1章 M&A・組織再編を取り巻く環境
第2章 人事デューデリジェンス
第3章 案件ストラクチャごとの人事PMI
第4章 人事PMIの重要テーマ
第5章 M&A推進体制
第6章 日本企業がM&AとPMIを成功させるためには何が必要か

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


M&AにおけるITデューデリジェンスの実践ガイド

■本/書籍名:M&AにおけるITデューデリジェンスの実践ガイド
■著者:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 (編集)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2018/12/15

■目次:
第1章 M&AとIT
第2章 M&Aにおけるデューデリジェンス
第3章 ITデューデリジェンス
第4章 ITデューデリジェンスの実務
第5章 デューデリジェンス以降のITの変革
第6章 クロスボーダーITデューデリジェンス
第7章 セラーサイドのITデューデリジェンス
第8章 最後に
巻末付録 カーブアウトの報告書サンプル

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

バリュエーション


MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)

■本/書籍名:MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)
■著者:森生 明
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2001/10/13

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


バリュエーションの教科書

■本/書籍名:バリュエーションの教科書
■著者:森生 明
■出版社:東洋経済新報社
■出版年月日:2016/5/27
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


会社の値段

■本/書籍名:会社の値段
■著者:森生 明
■出版社:筑摩書房
■出版年月日:2006/2/6
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


京都大学の経営学講義Ⅲ 経営者はいかにして、企業価値を高めているのか?

■本/書籍名:京都大学の経営学講義Ⅲ 経営者はいかにして、企業価値を高めているのか?
■著者:川北 英隆 (著), 奥野 一成 (著)
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2019/1/16
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


企業価値評価【入門編】

■本/書籍名:企業価値評価【入門編】
■著者:鈴木 一功 (著)
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2018/10/24
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


図解でわかる企業価値評価のすべて

■本/書籍名:図解でわかる企業価値評価のすべて
■著者:㈱KPMGFAS (著)
■出版社:日本実業出版社
■出版年月日:2011/4/21
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


企業価値評価の実務Q&A〔第4版〕

■本/書籍名:企業価値評価の実務Q&A〔第4版〕
■著者:株式会社プルータス・コンサルティング (編集)
■出版社:中央経済社
■出版年月日:2018/3/7
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


バリュエーションの理論と実務

■本/書籍名:バリュエーションの理論と実務
■著者:鈴木一功 (編集), 田中亘 (編集)
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2021/12/24
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


企業価値評価 第7版[上] バリュエーションの理論と実践

■本/書籍名:企業価値評価 第7版[上] バリュエーションの理論と実践
■著者:マッキンゼー・アンド・カンパニー (著), ティム・コラー (著), マーク・フーカート (著), デイビット・ウェッセルズ (著), マッキンゼー・コーポレート・ファイナンス・グループ (翻訳)
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2022/1/26
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


企業価値評価 第7版[下] バリュエーションの理論と実践

■本/書籍名:企業価値評価 第7版[下] バリュエーションの理論と実践
■著者:マッキンゼー・アンド・カンパニー (著), ティム・コラー (著), マーク・フーカート (著), デイビット・ウェッセルズ (著), マッキンゼー・コーポレート・ファイナンス・グループ (翻訳)
■出版社:ダイヤモンド社
■出版年月日:2022/1/26
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

中堅・中小企業向け(M&A実務)


Q&Aで理解する中堅・中小企業向けM&A実務の基礎

■本/書籍名:Q&Aで理解する中堅・中小企業向けM&A実務の基礎
■著者:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社コーポレートアドバイザリー部 (著)
■出版社:金融財政事情研究会
■出版年月日:2018/10/9
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


中小企業M&A実務必携 法務編 第2版

■本/書籍名:中小企業M&A実務必携 法務編 第2版
■著者:梅田 亜由美 (株式会社日本M&Aセンター法務室)
■出版社:きんざい
■出版年月日:2019/11/5
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


中小企業M&A実務必携 税務編 第2版

■本/書籍名:中小企業M&A実務必携 税務編 第2版
■著者:村木 良平 (株式会社日本M&Aセンターコーポレートアドバイザー室)
■出版社:きんざい
■出版年月日:2018/11/7
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


中小企業M&A 株式譲渡の税務

■本/書籍名:中小企業M&A 株式譲渡の税務
■著者:村木 良平 (著)
■出版社:きんざい
■出版年月日:2021/10/11
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【8】業界別M&A


医師・看護師を守り地域医療を存続させる病院M&A

■本/書籍名:医師・看護師を守り地域医療を存続させる病院M&A
■著者:矢野 好臣 (著), 余語 光 (著)
■出版社:幻冬舎
■出版年月日:2020/11/30
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


病医院の事業承継とM&A講座

■本/書籍名:病医院の事業承継とM&A講座
■著者:鈴木 克己 (著)
■出版社:税務経理協会
■出版年月日:2020/3/3
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


医業承継の教科書〈親族間承継・M&Aの手法と事例〉

■本/書籍名:医業承継の教科書〈親族間承継・M&Aの手法と事例〉
■著者:小松 大介 (著), 鈴木 学 (著), 新保 勇一 (著), 俣野 紘平 (著), 鈴木 克己 (著)
■出版社:日本医事新報社
■出版年月日:2020/3/8
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


開業医のためのクリニックM&A

■本/書籍名:開業医のためのクリニックM&A
■著者:岡本 雄三 (著)
■出版社:幻冬舎
■出版年月日:2015/9/18
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


院長先生の相続・事業承継・M&A

■本/書籍名:院長先生の相続・事業承継・M&A 決定版[第2版]
■著者:上條 佳生留 (著), 税理士法人ブレインパートナー (編集)
■出版社:きんざい
■出版年月日:2019/1/25
▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。

【9】PEファンド


成長と承継のための PEファンド活用の教科書

■本/書籍名:成長と承継のための PEファンド活用の教科書
■著者:波光 史成 (著), 山田 裕亮 (著), 松下 憲 (著)
■出版社:東洋経済新報社
■出版年月日:2018/9/7

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


ブラックストーン・ウェイ PEファンドの王者が語る投資のすべて

■本/書籍名:ブラックストーン・ウェイ PEファンドの王者が語る投資のすべて
■著者:スティーブ・シュワルツマン (著), 熊谷 淳子 (翻訳)
■出版社:翔泳社
■出版年月日:2020/10/14

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


カーライル流 日本企業の成長戦略

■本/書籍名:カーライル流 日本企業の成長戦略
■著者:三河主門 (著)
■出版社:日経BP社
■出版年月日:2019/4/1

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。


事例で学ぶ PEファンドを活用した中小企業のM&A

■本/書籍名:事例で学ぶ PEファンドを活用した中小企業のM&A
■著者:株式会社日本M&Aセンター ファンド部
■出版社:幻冬舎メディアコンサルティング
■出版年月日:2021/12/17

はじめに
【序章】PEファンド活用の5大メリットを一挙に解説
・既存の組織や人材をサポートし、成長させてくれる
・後継経営者、経営人材を外部から招聘できる
・会社を成長・発展させることができる
・将来のIPOの可能性を高めることができる
・経営の独立を尊重できる

第Ⅰ部 事例編
【第1章】PEファンドのサポートで社内改革を実行 一族経営が続く企業で社員から後継者を選び事業承継をした事例
(アートジャパン株式会社×株式会社日本投資ファンド)

【第2章】PEファンドへの株式譲渡により創業者利益を確定し上場企業のグループ入りを実現させた事例
(株式会社IDクリエイト×日本グロース・キャピタル株式会社)

【第3章】PEファンドが主導となって社長を招聘し事業承継をした事例
(金城重機株式会社×日本協創投資株式会社)

【第4章】IPOを目指す経営者がPEファンドをパートナーとして社内体制強化・追加M&Aを実行した事例
(株式会社ワールドコーポレーション×株式会社アドバンテッジパートナーズ)

【第5章】経営危機の老舗企業がPEファンドの出資で再生しイグジットした事例
(京商株式会社×新生企業投資株式会社、株式会社エーツー)

第Ⅱ部 知識編

【第6章】大企業から中小企業へ拡がるPEファンド活用のチャンス
・かつてない「PEファンド活用チャンス」の時代
・常に出資の窓口を開いてくれている存在がPEファンド
・PEファンドに潤沢な投資資金が集まっている
・PEファンドは積極的な投資姿勢を強めている
・なぜ日本企業が注目されているのか
・国も、中小企業のPEファンド活用を支援
・PEファンドの種類
・国内系PEファンドは、中小企業を対象とするファンドもたくさんある

【第7章】最高のPEファンドと出会うために欠かせない仲介会社を知る
・M&A仲介会社でもっとも大切なのは担当者
・PEファンドとのM&Aに適した仲介会社の選び方

付録 PEファンドに関するよくある質問と回答

▼画像をクリックすると、Amazonのページへリンクいたします。
当社は、M&A業界(M&A仲介会社、M&Aアドバイザリー会社、M&Aマッチングサイト運営会社など)への転職支援を積極的に行っております。

今すぐの転職検討の方は、下記【転職相談フォーム】より、先々の転職を検討で可能性を探りたいという段階の方は、【合格可能性診断フォーム】よりお気軽にコンタクトくださいませ。