人材ビジネスガイド

Original

人材紹介会社/転職エージェントのサービス、ビジネスモデルについて

(1)人材紹介会社・人材紹介サービスとは?

人材紹介会社(転職エージェント)とは、ひとことで言いますと、民間の職業紹介事業者です。

一般的に言われる「人材紹介会社」以外にも「人材バンク」、「転職エージェント」、「ヘッドハンティング会社(サーチファーム)」などと呼ばれるものが該当します。厚生労働大臣の許認可を受けた各人材紹介会社が、採用企業と転職希望者、候補者の間に立ち、斡旋、仲介を行います。

人材紹介会社が提供するサービスとしては、求人の紹介だけではく、業界・企業動向やこれまでの経験や希望を踏まえた上でのキャリアコンサルティング、職務経歴書のブラッシュアップ、面接日程の調整や面接対策、報酬等の条件交渉、退職交渉のアドバイスなど多岐にわたります。
これらのサービスをすべて無料で求職者の皆様はお使いいただけます。

(2)人材紹介会社のビジネスモデルについて

人材紹介会社は、企業から紹介手数料を頂戴し、売上、収益を上げるビジネスモデルとなっております。求人依頼を受けた時点では、売上は一切発生せず、完全成功報酬体系で、ご紹介差し上げた求職者が入社をした段階で、紹介手数料を請求いたします。

各企業の規定、また紹介会社が定める基準、また労働市場の需給バランス等で差はございますが、
一般的には初年度想定年収の30%、または35%で設定されるケースが多くなっております。

(補足:手数料について)
尚、紹介手数料は、領域によって差がございまして、

(1)大学生(新卒紹介事業)は、一律料金(例:文系80万円・理系90万円など)が多く

(2)医療従事者(医師、薬剤師、看護師)は、20%、25%設定が多く

(※介護福祉士、保育士なども上述の医療従事者に近い設定が成されております。)

(3)エグゼクティブ・サーチの領域(企業の役員クラス等、幹部人材の獲得)では、人材のサーチから候補者リスト作成(ロングリスト、ショートリスト作成)、インタビュー機会の創出など活動に対して着手金(リテイナー型)の請求を行うことが多くなっております。

(4)また昨今受給バランスの関係で、ITエンジニアの紹介手数料が高騰している傾向があり、40%、50%などで設定をし、候補者推薦を依頼するケースも多くなっております。

■ 他の参考記事
(1)人材紹介会社の仕事(RAとCAについて)
(2)人材紹介会社で上場している企業一覧(※人材紹介業を営む企業を含む、時価総額ランキング)

■ キャリア相談はこちらから
■ 採用のご相談はこちらから

サービス
Service

お問い合わせ
Contact

個人のお客様向けお問い合わせ
法人のお客様向けお問い合わせ